Luxeritasでシンタックスハイライターを使用する方法と開閉できるようにカスタマイズ

2019年10月20日Luxeritas

Customize to open and close Luxeritas syntax highlighters

Luxeritasは標準でシンタックスハイライターが実装されているので、ソースコードを簡単にハイライト表示させることができます。 長いソースコードを掲載する場合、記事がソースコードで占有されてしまうので、 初期状態では冒頭部分を表示して、閲覧者が必要に応じて開閉できるといいですね。

Luxeritasでソースコードをハイライト表示させるには

Luxeritas 3.6.2 のバージョンから、ブロックエディタ(Gutenberg)にシンタックスハイライター用のブロックが実装されました。それ以前は、クラシックエディタのショートコードでシンタックスハイライターを挿入してました。ここで紹介する方法は、ブロックエディタ(Gutenberg)で挿入する方法です。

Gutenbergの「ブロックの追加」ボタンをクリックしてリストを下にスクロールすると Luxeritas Blocks がありますので、それをクリックすると中に シンタックスハイライター があります。それをクリックするとシンタックスハイライターブロックが挿入できます。

LuxeritasSyntaxHighlighter

シンタックスハイライターブロックでは右側の設定で言語が選択できます。ここで言語を選択してください。あとはブロック内でコードを記述するかコードを貼り付けるだけです。

LuxeritasSyntaxHighlighterSetting

シンタックスハイライターのテーマを設定する

WordPressのダッシュボードから Luxeritas→カスタマイズ→CSSタブ とすすむとシンタックスハイライターのCSSというのがありますので、そこでテーマ(表示スタイル)を選択できます。

選択できるテーマは下記の7つです。画像は CSSとjQuery の場合の表示例です。

Default

SyntaxHighlighterDefault

Dark

SyntaxHighlighterDark

Okaidia

SyntaxHighlighterOkaidia

Twilight

SyntaxHighlighterTwilight

Coy 初期状態で選択されているテーマです。

SyntaxHighlighterCoy

Solarized Light

SyntaxHighlighterSolarizedLight

Tomorrow Night

SyntaxHighlighterTomorrowNight

初期状態では数行表示させておいて、開閉できるボタンを追加する

長いソースコードの場合は、冒頭の数行を表示させておいて、閲覧者が必要に応じて開いたり、閉じできるボタンをボックスの下部に配置するカスタマイズです。CSSとjQueryを追加するだけで実装できます。前の記事の方法をLuxeritas用に修正したものになります。

CSS

下記のCSSをテーマに追加します。 追加する場所は、Luxeritas → カスタマイズ(外観)→ 追加CSS または、Luxeritas → 子テーマの編集 → style.css です。

/* シンタックスハイライター */
div.code-toolbar {
    position: relative;
    height: auto;
    overflow: hidden;
    margin: 30px -7px;
}
pre[class*="language-"] {
    margin: 0;
    overflow-y: hidden;
}
.show_more{
    position: absolute;
    bottom: 0;
    left: 0;
    width: 100%;
    height: 30px;
    padding-top: 70px;
    text-align: center;
    line-height: 30px;
    background: linear-gradient(to bottom, rgb(39,40,34,0) 0%, rgb(39,40,34,1) 80%);
    cursor: pointer;
}
.open .show_more {
    background: none;
    padding-top: 5px;
    width: 10%;
    margin: 0 45% 15px;
}
.show_more:before {
    position: absolute;
    border-right: 3px solid #fd9a22;
    border-top: 3px solid #fd9a22;
    content: "";
    width: 12px;
    height: 12px;
    bottom: 15px;
    transition: all 0.3s;
    -webkit-transform: rotate(135deg);
    transform: rotate(135deg);
} 
.up .show_more:before {
    -webkit-transform: rotate(-45deg);
    transform: rotate(-45deg);
    bottom: 0;
}
.open pre.line-numbers {
    padding-bottom: 2em;
}

上記はテーマ Okaidia の背景色にあわせて配色を設定していますので、他のテーマの場合は、CSSグラデーションの部分の色をテーマの背景色にあわせてください。

具体的には21行目のコードを各テーマで下記に変更します。

Default

background: linear-gradient(to bottom, rgba(246,242,240,0) 0%, rgba(246,242,240,1) 80%);

Dark

background: linear-gradient(to bottom, rgba(74,63,51,0) 0%, rgba(74,63,51,1) 80%);

Okaidia

background: linear-gradient(to bottom, rgba(39,40,34,0) 0%, rgba(39,40,34,1) 80%);

Twilight

background: linear-gradient(to bottom, rgba(19,19,19,0) 0%, rgba(19,19,19,1) 80%);

Coy

background: linear-gradient(to bottom, rgba(253,253,253,0) 0%, rgba(253,253,253,1) 80%);

Solarized Light

background: linear-gradient(to bottom, rgba(252,246,227,0) 0%, rgba(252,246,227,1) 80%);

Tomorrow Night

background: linear-gradient(to bottom, rgba(45,45,45,0) 0%, rgba(45,45,45,1) 80%);

jQuery

Luxeritas → 子テーマの編集 → javascript に下記のコードを追加します。

//ソースコード アコーディオン
$(window).on('load', function() {
    $(".lang-vba").next().find("span").text("VBA");
    $(".lang-html").next().find("span").text("HTML");
    $(".lang-jquery").next().find("span").text("jQuery");



    var min_height = 250;
    var ani_duration = 500;
    var acc_box = '.code-toolbar';
    $(acc_box).each(function(index) {
      if ($(this).height()>min_height + 50) {  
        $(this).height(min_height).append('<div class="show_more"></div>');
      }
    });

    $('.show_more').click(function(){
        var athis = $(this);
        var show_text = athis.parent(acc_box);
        var original_height = show_text.css({height : 'auto'}).height();

        if(show_text.hasClass('open')){
          //--CLOSE--
          var scroll_offset = $("html,body").scrollTop() - original_height + min_height;

          $("html,body").animate({ scrollTop: scroll_offset }, ani_duration);
          show_text.animate({height:min_height}, ani_duration, function(){
          });
          show_text.removeClass('up').removeClass('open');
        }else{
            //--OPEN--
            show_text.height(min_height).animate({height:original_height},ani_duration, function(){
            show_text.height('auto').addClass('open');
          });
          show_text.addClass('up');
        };
    });
});

まとめ

Luxeritasでブログにソースコードを表示させるときにハイライト表示させる方法を紹介しました。Luxeritasは標準でシンタックスハイライターが実装されているので簡単に挿入できます。

さらに長いソースコードは冒頭の数行を表示させておいて、ボタンで開いたり閉じたりする方法も紹介しました。CSSとJavaScriptをコピペするだけで簡単に実装できますので、よろしかったご利用ください。